本文へ移動

『にんにく』のお話

にんにくのお話

◆にんにくは不思議な生きものです。◆

たとえば刻んだり、焼いたり、摩り下ろしたり、いろいろな方法により、我々の弱った体を元気にします。

でも不思議なことに、漢方薬の種類には入っておりません。
なぜでしょう…?

匂いは誰でも気になります。
弊社は、出来るだけにんにくのおいしさを追求し、まごころ込めて、手作業で造っております。

さて、日本にはにんにくの種類は何種類あると思いますか・・・?
その数は40数種類とも言われております。

特に、皮が紫色をしたものは数段優れていると言われるほど、良いものとされてされております。
その紫の種類は、日本各地にまばらに生産されているにすぎません。

私なりに、こだわりもなく言わせて頂ければ、中国の国には紫の皮をしたにんにくは多くの種類が生産されております。

皆様もどうか、紫にんにくも食べてみてください。
また、にんにくに関してのお問い合わせがございましたら、メールを頂ければお話をさせて頂きます。
※メールでのお問い合わせはこちらをクリックして下さい。

お待ちしております。
第二作房室

有限会社 早池峰自然科学興業
〒028-3203
岩手県花巻市大迫町大迫1-30-17
TEL.0198-48-2520
FAX.0198-48-2670


 食品製造、販売業 

0
2
6
7
4
7
TOPへ戻る